宮島 美食の旅

新型コロナウイルスCOVID-19による外出自粛で旅行に行けないので、ブログを書いて旅行気分に浸ろうかなと・・・。

広島の宮島は外出自粛になる前の2月に言ってきました。

宮島は船で島に渡る時のワクワク感、島は観光地として整備されていますし、食べ物も美味しくて、また行きたい場所にラインナップしています。

 

目次

  1. 関東から宮島へは新幹線で6時間、飛行機の方が良かったかも
  2. 島では牡蠣の食べ歩き。居酒屋やカフェもたくさんあります
  3. 気さくな雰囲気で居心地良かった旅荘かわぐち

 

 

1. 関東から宮島へは新幹線で6時間、飛行機のほうが良かったかも

タイトルの通りで、今回は新幹線のぞみで広島まで行き、広島からは山陽本線で宮島口駅、そこからフェリーで宮島に渡りました。

トータルで6時間ぐらいかかりました。

新幹線だと時間をかっちり決めずに乗れる車両で移動できるので気楽ですが、乗っている時間が2時間を超えてくるとちょっと遠いな〜と感じました。

飛行機であれば羽田から岩国空港、岩国から山陽本線で宮島口駅の経路でトータル3時間ぐらいで行けそうです。

航空券によっては新幹線より安くなるので、次回は飛行機にしようと思いました。

 

宮島口駅からはフェリーで宮島に渡ります。

フェリーは松大汽船とJRがあります。

両社は料金、所要時間、ターミナルも一緒ですが、JRの方が厳島神社の大鳥居の近くまで行ってくれるとのことです。

事前情報に則ってJRフェリーに乗ったものの、この時は17時を過ぎていたため島まで直行だった気がします。

たった10分の船旅ですが非日常感があってワクワクしました。

 

宮島桟橋に到着

  

 2. 島では牡蠣の食べ歩き。居酒屋やカフェもたくさんあります

 宮島はなんと言っても牡蠣!牡蠣が至るところに売っています。

島に滞在中はひたすら牡蠣を食べていました。

また、ちょうど牡蠣祭り開催中で、お手軽価格で牡蠣料理を食べることができましたし、お土産に生牡蠣を買えてラッキーでした。

 

牡蠣祭りの牡蠣ポン酢 

 

牡蠣祭りの牡蠣の土手鍋

 

焼き牡蠣

 

牡蠣どて焼き

 

人気店「焼きがきのはやし」の生牡蠣です。

お昼には店の前に行列ができていました。

広島の日本酒と一緒に

www.yakigaki-no-hayashi.co.jp

[tabelog:1095097:detail]


 

 

宮島には地ビールもありました。

直営レストランのMIYAJIMA BREWERY (宮島ブルワリー)では店内からは海を眺めながら牡蠣料理と地ビールでまったりと過ごせました。

 

焼き牡蠣

牡蠣グラタン

ビール3杯も飲んだんですね〜

多分、広島レッドエール

宮島はちみつケルシュ

オイスタースタウト

少し酸味がありました。

miyajima-brewery.com

tabelog.com


 

 

宮島の飲食店は比較的早い時間に閉じてしまいますが、「まめたぬき」は22時まで開いています。

一番人気らしい陶器ごと蒸した穴子飯とカキフライのセット「穴子と牡蠣の競演」をいただきました。

穴子がフワフワでした。

ご飯のお供に宮島地ビール

miyajima-mametanuki.com

tabelog.com

 

 

宮島にはカフェもたくさんあります。

朝8時半から開いているのと、口コミも良かったので「Sarasvati」で朝ごはんと朝おやつ。

 

クロックムッシュ、美味しかったです。

続けて抹茶のテリーヌ

ブレンドはなんとサービスで付けてくれました!

 

お土産にコーヒー豆を買いました。

香りが良くてコクがあります。買ってよかった。

ドリップバッグのコーヒー豆も売っていました。

開けるとこんな感じです。

紙のフィルターでドリップしたコーヒーよりドリップバックの方が軽い味に仕上がります。

itsuki-miyajima.com

tabelog.com

 

 

広島といえばもみじ饅頭。

そのもみじ饅頭を揚げた「揚げもみじ」があります。

表面がサクッと香ばしくて美味しいです。

揚げもみじのお店は何店舗かあります。

私は紅葉堂と博多屋の揚げもみじを食べ比べして、個人的には紅葉堂の方が好みだった気がします。でもそんなに差はなかったかな?

写真は博多堂の揚げもみじです

 

 

最後に、宮島ではないですが、本州側のフェリー乗り場の近くの「あなごめしうえの」の穴子飯弁当が美味しかったので一緒に載せちゃいます。

ここも人気店らしくて店内の食事は2時間待ちでした。

持ち帰りは待たずに買えました。

www.anagomeshi.com

あなごめし うえの
〒739-0411 広島県廿日市市宮島口1-5-11
2,000円(平均)2,000円(ランチ平均)

 

 

3. 気さくな雰囲気で居心地良かった旅荘かわぐち

宮島では「旅荘かわぐち」に泊まりました。

素泊まりで2泊です。

建物は古いですが掃除が行き届いていて綺麗でした。

お風呂は時間制の貸し切りです。

宿泊客が浴室を使用するたびに、簡単に浴室の片付けをしてくれているようでした。

女将さんが気さくでとても感じがよく、宮島内の観光スポットや食事処について丁寧に説明してくれます。

出かける時は「いってきま〜す」、帰って来た時は「ただいま〜」とまるで我が家のように過ごさせていただきました(^ ^)

トイレは部屋についていました。

トイレのお向かいに洗面台があります。

ryoso-kawaguchi.jp