出雲大社まで徒歩10分 和モダンなホテル いにしえの宿 佳雲

2018年 出雲の旅です。

出雲では「いにしえの宿 佳雲」に宿泊しました。

佳雲は2017年7月にオープンしたばかりの新しい宿です。

出雲大社まで徒歩10分、早朝参拝するのも苦にならない近さです。

お向かいにはコンビニもあって立地はとても良いです。

宿の雰囲気は和モダンです。

フロントからエレベーターを含む館内全て畳敷で裸足で歩くとホッとします。

ロビーのラウンジではコーヒーが無料で飲めます。

 

各階の客室の廊下には蕎麦の実やヒノキチップなど色々なタイプの枕が用意されていて自由に使えるようになっています。

 

畳だと洋服やお土産などの荷物を床にバーっと広げられるのがいいですね。

 

部屋には水場が2つあります。

寝室スペースにはお茶を入れるための水場、部屋の奥の身支度スペースには顔や歯を磨くための水場です。

ペットボトルが2本サービスで置かれていました。

 

テレビの下の引き戸にはコーヒーセットがありました。

豆を挽く所からコーヒーを楽しめます。

 

客室の浴槽は檜風呂です。

お湯は温泉ではなく普通のお湯ですが檜の香りがするので満足でした。

客室の浴室、脱衣所はちょっと狭いですが、ほとんど大浴場を利用してたので特に気になりませんでした。

シャンプー類は客室も大浴場もミキモトでした。

 

部屋の一番奥の身支度スペースです。

アメニティは最低限の品ぞろえ。

 

大浴場の近くにはお休み処があり、アイスや時間によっては夜鳴きそばを無料で食べられます。

 

食事処は半個室になっているので落ち着いて食べられます。

夕食は盛りだくさんでした。

デフォルトで量が多いのにサービスで料理が追加されるので、最後まで食べるのが大変でした。

それでも食べたりない人は温泉のお休み処で夜鳴きそばを頂けるので大満足できるのではないかと思います。

まず食事の最初にプレミアムモルツかソフトドリンクが1本サービスされます。

 

 

茶碗蒸し、あん肝、かき揚げは食べたいものを好きなだけオーダーできます。

私は欲張って全種類を頼みました。

 

ご飯は2種類から選べました。

デザートは3品も。

 

朝食も華やかです。

 

今回はちょっと辛口になってしまいますが、この宿にまたリピートしたいかというと、、、悩むところです。

建物は新しくて全体的に綺麗ですし、至る所に無料サービスがありお得感を感じさせてくれます。

佳雲は共立リゾートが運営しているチェーン店で、いわゆるチェーン店っぽい、量産型宿のような雰囲気があります。ここは好みの問題ですね。

食事については見た目は豪華ですが味は、、、あまり、、、でした。これも個人的な感想です。口コミでは美味しかったというコメントが多いです。

佳雲と建物続きのお隣には佳雲よりお安めの宿「月夜のうさぎ」があります。

そちらは食事はバイキングのみ、部屋には浴槽は無くシャワーのみですが、客室は似たような雰囲気ですし、温泉などの館内施設は佳雲と共有なので、次泊まる時は「月夜のうさぎ」でいいかな~と思いました。

www.hotespa.net

 

出雲最終日は、ANAマイラーな故、電車とバスを乗り継いで米子空港まで移動です。

帰り際、気になっていた出雲大社の近くにあるチョコレート工場「ブルーカカオ」を覗いてみました。

カカオ豆を輸入してチョコレートを作っているとのこと。

店内ではカフェが併設されていて板チョコとチョコレートドリンクをいただけます。

レトロな雰囲気で、のんびりチョコレートドリンクを飲みたかったのですが時間がなかったのでバタバタと板チョコを買って帰りました。

チョコの味は普段食べているチョコよりも甘さ控えめでカカオの味が濃かったです。

カカオの産地によっても味の違いがあって面白かったです。

okinogami blue cacao's

食べログ okinogami blue cacao's

 

 

一畑電車出雲大社前駅です。

出雲大社前から松江しんじ湖温泉まで一畑電車で移動です。

松江しんじ湖温泉~松江、松江~米子空港はバスが接続しています。

出雲大社前駅はレトロでかわいい~。

電車の車内も木の温もりがある造りで、米子空港までの移動も悪くないと思いました。

全て寛ぎのボックス席でした。

 

 

関連記事