出雲大社 早朝参拝

昨年の2018年、神有祭期間中の出雲大社に行ってきました。

神有祭といっても神有祭の神事には参列していないので、結果的に神有祭中に行った意味とは?ですが、一年で一番にぎわっている出雲大社の空気を感じれて良かったかなと思います。

 

行きの飛行機で見たブロッケン現象

これでテンション上がりました。

 

宿は出雲大社の近くにしました。

人が少ない時間帯にゆっくり参拝したかったので、朝のまだ薄暗い時間に出雲大社にお参りしました。

 

参道が続きます。

 

途中、川を渡ると松の参道になります。

松の参道は松の保護のため、鳥居の外側を歩くようになっていました。

松の参道を正面から撮影してみました。

 

拝殿です。

 

八足門です。

 

東側から見える本殿です。

写真では伝わらないですが、本殿はとても大きいです。

 

裏から見た本殿。

 

本殿の裏には素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀った素鵞社(そがのやしろ)があります。

素鵞社の裏には清めの砂があります。

稲佐の浜の砂を供えて、代わりに素鵞社の砂を持ち帰るシステムになっています。

 

西側から見た本殿です。

 

日の出で逆光になり神々しい雰囲気。

出雲大社本殿の御神座は西側を向いているとのことで、西側壁沿いにも参拝所がありました。

御神座がなぜ西を向いているかは諸説あるらしく、はっきりした理由は不明みたいです。

 

別の角度から、朝日を浴びてオレンジ色の本殿。