温泉巡りも楽しい 熊野大社周辺の温泉と宿 わたらせ温泉、川湯みどりや、湯の峯荘

熊野大社周辺には川湯温泉、湯の鉢温泉、渡瀬温泉の3つの温泉があります。

熊野滞在中は3か所全て巡りました。

3か所の温泉は比較的近い場所にありますが、どの温泉も雰囲気が異なるので、いろいろ立ち寄ってみるのも楽しいと思います。

渡瀬温泉と湯の峰温泉ではそれぞれ「わたらせ温泉」と「湯の峯荘」に宿泊し、川湯温泉は「川湯みどりや」の日帰り入浴を利用しました。

 

わたらせ温泉@渡瀬温泉

www.watarase-onsen.jp

 

渡瀬温泉の宿はわたらせ温泉だけのようです。

ここの魅力はやはり西日本最大級の大露天風呂!

西日本最大級といっても大した事ないんじゃないかな、と思っていたのですが、実際に入ってみてびっくりしました。

本当に広いです!

私の中の大露天風呂といえば秋田の乳頭温泉 鶴の湯(ここも大好きな温泉です)ですが、鶴の湯の露天風呂より大きいかもしれません。

しかも源泉かけ流しです。

さらにすごいのが貸切露天風呂も普通の宿の露天風呂並みのサイズです。

貸切露天風呂は全部で8つあり、その内4つは家族専用貸切露天風呂でゆったりサイズの露天風呂です。

貸切露天風呂は特に予約は必要なく、誰も使っていなければ自由に入れるようになっていました。

お風呂は写真撮影禁止だったので代わりにポスターを載せます。

一番下が大露天風呂、左の列の真ん中の写真が大きな貸切露天風呂です。

 

わたらせ温泉には敷地内を流れる川を挟んで3つの棟があります。

それぞれ、ささゆり、やまゆり、ひめゆりの名称があり、ささゆりだけが川の向こう側にあります。

ささゆりの宿泊客は川に掛かったつり橋を渡って行き来できます。

吊り橋です。雨だったので寒そうな雰囲気・・・。

 

私はお値段抑え目のやまゆりに泊まりました。

やまゆりは山小屋のような外見です。

 

部屋はごく普通の和室でした。

建物は少し古いですが清掃が行き届いて綺麗でした。

やまゆりは3つの棟の中で大露天風呂、家族専用貸切露天風呂に一番近いので、結果的にやまゆりにして良かったです。

 

わたらせ温泉は食事も良かったです。

蟹の爪はしっとりして、煮物の味付けもよく、天ぷらもタイミングを見て揚げたてを出してくれました。

スタッフの方も親切で、滞在中とても居心地良く過ごさせていただきました。

次に熊野に来るときもここに泊まりたい!と思うぐらい好きな宿になりました。

 

 

川湯みどりや

www.kawayu-midoriya.jp

 

川湯温泉はスコップで川底を掘ると温泉が湧き出てくる温泉です。

テレビで見たことがあるあの温泉がここだったのか~ということで、入ってみたい!と思いました。

12月には川原に広大な露天風呂「千人風呂」ができますが、私が熊野を訪れたのは11月。

そうすると旅館が用意した露天風呂に入るか、自力でスコップで掘るかの2択になります。

熊野旅行は平日の一人旅だったので、ひと気がない川原で一人スコップで温泉を掘る勇気はなく、日帰り入浴で川原の露天風呂に入れる宿を探していたところ「川湯みどりや」にたどり着きました。

 

川湯みどりやの露天風呂は川原を掘ったものではなく、ちゃんと石で塗り固められたお風呂なので砂利で足が痛くならずにゆったりお湯に浸かれます。

さらに温泉を囲う柵がないので開放的な川湯温泉の雰囲気を味わえます!

周りから丸見えですが、入浴用の浴衣がちゃんと用意されているので安心です。

 

日帰り温泉は14:00~19:00

料金は800円

タオルと入浴用浴衣は浴室に用意されているものを自由に使えました。

 

男湯側の露天。

 

女湯側の露天。

露天風呂は混浴だそうです。

 

温泉からの眺め。

 

湯の峯荘

湯の峯荘

 

湯の峯荘は湯の峰温泉から少し外れた場所にありますが、温泉街までは徒歩10分かからないぐらいで行けます。

湯の峯荘のHPには英語での情報もあるせいか外国人客が多めでした。

宿の雰囲気は全体的にユースホステルのような、合宿所のような雰囲気がありました。

そんななので食事は正直あまり期待をしていなかったのですが、良い意味で予想が裏切られました。

普通の旅館ではあまり出ない、本日のスープとしてポタージュやポットパイが出て面白かったです。

全体的にどれも美味しかったです。

メニューが絵で説明されているのも外国人客向けなのかなと思いました。

 

こちらは朝食です。

 

湯の峯荘には看板犬がいます。

さすが宿の看板犬だけあって、見ず知らずの私にも思いっきりナデナデさせてくれました(^^)

特に真ん中のクマちゃんはかなりフレンドリーです。

他の2匹はしかたないな~という顔でしたが、クマちゃんだけはもっと撫でて~という顔をしてくれました。

希望すれば散歩もさせてもらえるみたいです。

 部屋は広めの和室でした。

 

湯の峯温泉のメイン通りは川沿いに昔ながらの温泉旅館が立ち並ぶ雰囲気ある温泉街です。

泉質は他の2か所が無臭の塩化物泉であるのに対して、ここのお湯は硫黄泉です。

 

川沿いには湯筒があり、売店で卵を買えば温泉卵を作って食べられます。

地元の方がここで作る温泉卵は濃厚で美味しいとお話しされていました。

時間がなかったので温泉卵は作らなかったのですがとても気になっています。

湯筒です。

ここで野菜や卵を茹でることができます。

 

世界遺産のつぼ湯は台風の被害のため修理中だったので公衆浴場に行きました。

残念ながら工事中のつぼ湯。

 

公衆浴場・つぼ湯|熊野本宮観光協会

 

公衆浴場は温泉街中心辺りの川沿いにあります。

公衆浴場では一般湯(公衆浴場)とくすり湯の2つの浴室があり、入口でどちらに入るかを決めなければなりません。

一般湯は加水していて、くすり湯は加水していないお湯とのことです。

くすり湯の方が温泉成分が濃いのですね。

また、くすり湯では石鹸やシャンプーの使用は禁止されているので要注意です。

純粋に温泉のお湯に浸かりたい場合にくすり湯の選択になります。

 

私はくすり湯の方に入りました。

コンクリートの殺風景な浴槽で、洗い場には蛇口が1つしかなく、私が入った時は蛇口からは水しか出ませんでした。

お湯は熱くて長くは浸かっていられないので、熱くなったら洗い場に上がり、火照りが収まってきたらまたお湯に浸かる、を繰り返すとよいと地元の方が教えてくれました。

私が入った時は地元の方だけでした。

地元の方と交流できるのも公衆浴場のよい所だと思います。

湯の峰温泉公衆浴場 つぼ湯
お風呂の種類 公衆浴場 くすり湯 くすり湯 つぼ湯
男女別各1 男女別各1 一日券 男女混浴風呂
料金   大人 250円 390円 610円 770円
〃 12才未満 130円 190円 300円 460円
営業時間 6:00~22:00 6:00~21:30
定休日 なし なし
その他 ※貸切風呂(くすり湯)もあります。
※1時間500円で2F休憩所も利用できます。(貸切ではありません。)

熊野本宮観光協会HPより

 

 

関連記事