伊香保温泉 露天風呂

伊香保温泉には2種類の温泉があります。

1つは昔ながらの鉄分を含んだ茶色い硫酸塩泉、もう1つは平成になって発掘された単純泉です。

それぞれ黄金の湯、白銀の湯と呼ばれています。

 

宿泊した宿では白銀の湯のみでしたので、黄金の湯にも入りたいと立ち寄ったのが伊香保温泉 露天風呂です。 

伊香保露天風呂 | 渋川市観光情報サイト

f:id:chocolate-chobi:20161004065316p:plain

(写真は渋川市観光情報サイトよりお借りしています)

 

伊香保温泉最奥にある、加水加温なしの源泉かけ流しの露天風呂です。

公共露天風呂なので入浴料が450円と格安です。

 

車を近くの伊香保温泉山のパーキングに停め、坂道を歩いて登っていきます。

駐車場は15台程度しか駐車できないので混雑時は停められない可能性があります。

近くの宿から歩いてくる方もいました。

 

坂の途中に飲泉所があります。

f:id:chocolate-chobi:20161003100403j:image

一口飲んでみると鉄の味が口いっぱいに広がり飲み込むのに苦労するぐらいまずかったです。

 

温泉入口です。

f:id:chocolate-chobi:20161003100431j:image

 

暖簾をくぐると男湯、女湯の入口があります。

昔は混浴だったそうですが、現在は完全に分かれていました。

 

朝一に伺ったので誰もいなく貸切状態でした。 

f:id:chocolate-chobi:20161003215317j:plain

f:id:chocolate-chobi:20161003215435j:plain

お湯は「あつめの湯」と「ぬるめの湯」がありました。

加水加温なしの源泉かけ流しとのことでしたが、お湯の温度は絶妙でした。

f:id:chocolate-chobi:20161003215442j:plain

 

ここからお湯が出てきます。本当に素晴らしいお湯でした。

f:id:chocolate-chobi:20161003215447j:plain

 

 いい感じにうらびれた看板。

f:id:chocolate-chobi:20161003215453j:plain

 

柵があるだけの開放的な脱衣所。ロッカーには鍵がついていました。

 

洗い場は簡易的で石鹸類は置いてなく、蛇口からはお湯が出ないようです。

純粋に温泉のお湯を楽しむ所です。

自然の中での露天風呂は雰囲気抜群です。

葉っぱが落ちたり虫が来たりするので、そういうのが苦手な方は旅館の方が落ち着けるかもしれません。

伊香保温泉 露天風呂

営業時間:4月から9月 9時から19時、10月から3月 10時から18時

休館日:毎月第1木曜日・第3木曜日(祝日、祭日の場合は営業)

料金:大人450円、子供200円(1歳未満の乳児は入浴できません)

電話番号:0279-72-2488

伊香保露天風呂 | 渋川市観光情報サイト

 

関連記事