立山室堂ハイキング

 2011年 立山室堂ハイキングです。

標高2450mの室堂平から見渡せる剣岳立山などの3000m級の山々が圧巻です!

室堂は立山黒部アルペンルート上にあり、トロリーバスやケーブルカーを乗り継いで行くことができるので体力がなくても大丈夫。

また行きたいという思いを込めての備忘録です。

 

室堂へは長野側からと富山側からのルートがあります。

この時の旅では長野側から黒部ダムを経由して立山室堂に一泊、富山側に抜けて宇那月温泉を観光しました。

トロリーバスやケーブルカーを乗り継いでいく立山黒部アルペンルートがちょっとした冒険で楽しいです。

f:id:chocolate-chobi:20190324124051p:plain

立山黒部アルペンルートHPより

www.alpen-route.com



朝7時頃、東京から特急あずさに乗って信濃大町まで。

f:id:chocolate-chobi:20190324114143j:plain

扇沢から関電トンネルのトロリーバスに乗ります。

このトロリーバス、2018年に運行を終了して2019年からは充電式の電気バスになるようですね。

f:id:chocolate-chobi:20190324114210j:plain

 

トロリーバスを降りると黒部ダムです。

f:id:chocolate-chobi:20190324114252j:plain

 

ダムから(多分)室堂が見えました。

f:id:chocolate-chobi:20190324114316j:plain

 

黒部湖の対岸、向こうに見える雪に覆われた山は別山??

f:id:chocolate-chobi:20190324114343j:plain

ダムの放水は迫力がありました。

f:id:chocolate-chobi:20190324114424j:plain

 

黒部ダムレストハウスでお昼ご飯。

名物のダムカレーです。

ルーはほうれん草が入っていて緑色です。

f:id:chocolate-chobi:20190324114445j:plain

 

黒部湖からケーブルカーに乗り、標高を一気に上げていきます。

f:id:chocolate-chobi:20190324114508j:plain

その後ロープウェイ、トロリーバスを乗り継いて15時半頃に室堂のホテル立山に到着。

f:id:chocolate-chobi:20190324114536j:plain

 

夕食まで時間があるので、室堂平を散策しました。

f:id:chocolate-chobi:20190324114616j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324114647j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324114709j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324114748j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324114811j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324114841j:plain

 

地獄谷をぐるっとまわりました。

それまでののどかな雰囲気とはガラッと変わって、地獄谷は自然の厳しさを感じさせてくれます。

f:id:chocolate-chobi:20190324114913j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324114935j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324114959j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324115029j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324115050j:plain

 

みくりが池に戻ってきました。

f:id:chocolate-chobi:20190324115114j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324115158j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324115434j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324115500j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324115724j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324115925j:plain

散策を終えたのが17時半頃です。

8月だったのでまだ日が明るいです。

夜は満点の星空を眺めて1日目は終了。

 

次の日は立山三山の1つ、雄山に登りました。

朝8時半スタートです。

f:id:chocolate-chobi:20190324120527j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324121350j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324121548j:plain f:id:chocolate-chobi:20190324121609j:plain

 

一の越山荘から山頂方面。

ガスってます。

f:id:chocolate-chobi:20190324121648j:plain

 

雄山山頂到着 11時半

f:id:chocolate-chobi:20190324121745j:plain

神社のお社には神主さんがいてお神酒を頂けました。

f:id:chocolate-chobi:20190324121843j:plain

山頂でお昼を食べて12時に下山開始。
f:id:chocolate-chobi:20190324122020j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324122101j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324122127j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324122225j:plain

下りるのはあっという間で13時半には室堂まで戻ってこれました。

この後、高原バス、ケーブルカーを乗り継いで富山方面に抜け、宇奈月温泉に泊まります。

 

翌日、宇奈月のトロッコ電車に乗って欅平の猿飛峡を散策しました。

www.info-toyama.com

f:id:chocolate-chobi:20190324122421j:plain

人を飲み込むような「人食い岩」

f:id:chocolate-chobi:20190324122440j:plain

途中こんな看板がありました。

f:id:chocolate-chobi:20190324122509j:plain

猿飛峡のフクロウ、見えますでしょうか。

f:id:chocolate-chobi:20190324122550j:plain

拡大するとこんな感じ。

f:id:chocolate-chobi:20190324122615j:plain

猿飛峡の終点です。

f:id:chocolate-chobi:20190324122632j:plain

f:id:chocolate-chobi:20190324122658j:plain

 

出雲大社まで徒歩10分 和モダンなホテル いにしえの宿 佳雲

2018年 出雲の旅です。

出雲では「いにしえの宿 佳雲」に宿泊しました。

佳雲は2017年7月にオープンしたばかりの新しい宿です。

出雲大社まで徒歩10分、早朝参拝するのも苦にならない近さです。

お向かいにはコンビニもあって立地はとても良いです。

宿の雰囲気は和モダンです。

フロントからエレベーターを含む館内全て畳敷で裸足で歩くとホッとします。

ロビーのラウンジではコーヒーが無料で飲めます。

 

各階の客室の廊下には蕎麦の実やヒノキチップなど色々なタイプの枕が用意されていて自由に使えるようになっています。

 

畳だと洋服やお土産などの荷物を床にバーっと広げられるのがいいですね。

 

部屋には水場が2つあります。

寝室スペースにはお茶を入れるための水場、部屋の奥の身支度スペースには顔や歯を磨くための水場です。

ペットボトルが2本サービスで置かれていました。

 

テレビの下の引き戸にはコーヒーセットがありました。

豆を挽く所からコーヒーを楽しめます。

 

客室の浴槽は檜風呂です。

お湯は温泉ではなく普通のお湯ですが檜の香りがするので満足でした。

客室の浴室、脱衣所はちょっと狭いですが、ほとんど大浴場を利用してたので特に気になりませんでした。

シャンプー類は客室も大浴場もミキモトでした。

 

部屋の一番奥の身支度スペースです。

アメニティは最低限の品ぞろえ。

 

大浴場の近くにはお休み処があり、アイスや時間によっては夜鳴きそばを無料で食べられます。

 

食事処は半個室になっているので落ち着いて食べられます。

夕食は盛りだくさんでした。

デフォルトで量が多いのにサービスで料理が追加されるので、最後まで食べるのが大変でした。

それでも食べたりない人は温泉のお休み処で夜鳴きそばを頂けるので大満足できるのではないかと思います。

まず食事の最初にプレミアムモルツかソフトドリンクが1本サービスされます。

 

 

茶碗蒸し、あん肝、かき揚げは食べたいものを好きなだけオーダーできます。

私は欲張って全種類を頼みました。

 

ご飯は2種類から選べました。

デザートは3品も。

 

朝食も華やかです。

 

今回はちょっと辛口になってしまいますが、この宿にまたリピートしたいかというと、、、悩むところです。

建物は新しくて全体的に綺麗ですし、至る所に無料サービスがありお得感を感じさせてくれます。

佳雲は共立リゾートが運営しているチェーン店で、いわゆるチェーン店っぽい、量産型宿のような雰囲気があります。ここは好みの問題ですね。

食事については見た目は豪華ですが味は、、、あまり、、、でした。これも個人的な感想です。口コミでは美味しかったというコメントが多いです。

佳雲と建物続きのお隣には佳雲よりお安めの宿「月夜のうさぎ」があります。

そちらは食事はバイキングのみ、部屋には浴槽は無くシャワーのみですが、客室は似たような雰囲気ですし、温泉などの館内施設は佳雲と共有なので、次泊まる時は「月夜のうさぎ」でいいかな~と思いました。

www.hotespa.net

 

出雲最終日は、ANAマイラーな故、電車とバスを乗り継いで米子空港まで移動です。

帰り際、気になっていた出雲大社の近くにあるチョコレート工場「ブルーカカオ」を覗いてみました。

カカオ豆を輸入してチョコレートを作っているとのこと。

店内ではカフェが併設されていて板チョコとチョコレートドリンクをいただけます。

レトロな雰囲気で、のんびりチョコレートドリンクを飲みたかったのですが時間がなかったのでバタバタと板チョコを買って帰りました。

チョコの味は普段食べているチョコよりも甘さ控えめでカカオの味が濃かったです。

カカオの産地によっても味の違いがあって面白かったです。

okinogami blue cacao's

食べログ okinogami blue cacao's

 

 

一畑電車出雲大社前駅です。

出雲大社前から松江しんじ湖温泉まで一畑電車で移動です。

松江しんじ湖温泉~松江、松江~米子空港はバスが接続しています。

出雲大社前駅はレトロでかわいい~。

電車の車内も木の温もりがある造りで、米子空港までの移動も悪くないと思いました。

全て寛ぎのボックス席でした。

 

 

関連記事

 

 

日御碕神社 稲佐の浜と弁天島

 2018年 出雲の旅です。

日御碕神社と稲佐の浜に行きました。

日御碕神社へは一畑バスの日御碕線を利用しました。

大社前連絡所のバス停から約20分で行けますが、本数が少ないので要注意です。

 

日御碕灯台のバス停を降りると、目の前のお土産屋さんがバスの切符売り場になっていました。

帰りの切符はここで購入しました。

 

日御碕神社の楼門です。

出雲大社とは違った雰囲気。

 

楼門をくぐると正面に下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」があります。

 

右手には上の宮の「神の宮(かんのみや)」があります。

上の宮、下の宮を総称して日御碕神社と呼ぶそうです。

 

神の宮の奥にある階段を登るとお稲荷さんがいます。

お稲荷さんの祠の前はお日様がポカポカと差し込んでほんわかしていました。

狛狐がキリッとしていて、失礼ですが、なんだかかわいいと思ってしまいました。

 

 

日御碕神社では砂のお守り「御神砂守」を購入しました。

ここの砂のお守りは普段は表に出されていないので、こちらから尋ねる必要があるとの話でしたが、私が行った時には普通のお守りと一緒に表に並べられていました。

 

神社から5分ぐらい歩いた所にある日御碕灯台です。

1903年に設置された灯台で、100歳(!)を超えた今でも現役だそうです。

世界灯台100選、日本の灯台50選に選ばれているとのこと。

この事実をブログを書いている今知りました。由緒ある灯台だったんですね~。

参観料200円で灯台の上まで上がれます。

灯台の展望台からの眺めは気持ち良かったです。

昔は日御碕神社の日沈宮が祭られていたという経島も見えました。

 

日御碕神社から再び一畑バスに乗り、稲佐の浜で下車しました。

 

弁天島

昔は海の中に弁天島があったとのことですが、近年は砂浜が広がり島まで陸続きになったそうです。

国譲りの話し合いはここで行われたと思っていましたが、実際は弁天島から少し離れた屏風岩が話し合いの場所と言われているそうですね。

この事実もブログを書いている今知ったので、屏風岩は行ってません~。

 

 

関連記事

chocolate-chobi.hatenablog.com

 

出雲大社 早朝参拝

昨年の2018年、神有祭期間中の出雲大社に行ってきました。

神有祭といっても神有祭の神事には参列していないので、結果的に神有祭中に行った意味とは?ですが、一年で一番にぎわっている出雲大社の空気を感じれて良かったかなと思います。

 

行きの飛行機で見たブロッケン現象

これでテンション上がりました。

 

宿は出雲大社の近くにしました。

人が少ない時間帯にゆっくり参拝したかったので、朝のまだ薄暗い時間に出雲大社にお参りしました。

 

参道が続きます。

 

途中、川を渡ると松の参道になります。

松の参道は松の保護のため、鳥居の外側を歩くようになっていました。

松の参道を正面から撮影してみました。

 

拝殿です。

 

八足門です。

 

東側から見える本殿です。

写真では伝わらないですが、本殿はとても大きいです。

 

裏から見た本殿。

 

本殿の裏には素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祀った素鵞社(そがのやしろ)があります。

素鵞社の裏には清めの砂があります。

稲佐の浜の砂を供えて、代わりに素鵞社の砂を持ち帰るシステムになっています。

 

西側から見た本殿です。

 

日の出で逆光になり神々しい雰囲気。

出雲大社本殿の御神座は西側を向いているとのことで、西側壁沿いにも参拝所がありました。

御神座がなぜ西を向いているかは諸説あるらしく、はっきりした理由は不明みたいです。

 

別の角度から、朝日を浴びてオレンジ色の本殿。

 

花の浮島 礼文島トレッキング 愛とロマンの8時間コースと桃岩荘

2012年北海道礼文島旅行記です。

 「愛とロマンの8時間コース」は礼文島北端のストコン岬から礼文林道までを歩く30kmのコースです。

日本最北の島である礼文島は、低地にいながら高山植物を見れることから”花の浮島”と呼ばれています。

トレッキングでは丘の上の稜線を歩きながら色々な花を見ることができます。

5~8月がおすすめとのことで、私は6月に行きました。

f:id:chocolate-chobi:20190114161725p:plain

Google map

 

礼文島までは、飛行機で稚内まで飛び、そこからフェリーで向かいます。

稚内をプラプラしているとロシア語の看板があり、ここはロシアの近くなんだな~と不思議な気分でした。

f:id:chocolate-chobi:20181023072727j:plain

 

市場で蟹やタラコがお買い得だったので、早々にお土産購入♪

f:id:chocolate-chobi:20181023072655j:plain

 

f:id:chocolate-chobi:20181023072638j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023072650j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072644j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023072659j:plain

 

イクラ丼と焼き帆立でお腹を満たします。

幸せなひと時です。

f:id:chocolate-chobi:20181023072712j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072719j:plain

 

稚内フェリーターミナルから礼文島行きのフェリーに乗り込みます。

稚内から礼文島までは約2時間です。

f:id:chocolate-chobi:20181023072754j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072756j:plain

こちらは1等ラウンジ

f:id:chocolate-chobi:20181023072809j:plain

フェリーはハートランドフェリーを利用しました。

www.heartlandferry.jp

 

途中、遠くに利尻富士が見えました。

昔、家族旅行で行ったな~。

f:id:chocolate-chobi:20181023072813j:plain

 

礼文島に到着したらバスで北端のストコン岬まで移動します。

到着した日は近くの宿に宿泊して、次の日の朝、愛とロマンの8時間コーススタートです!

f:id:chocolate-chobi:20181023072847j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072842j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072930j:plain

なだらかな稜線を歩いていきます。

花も色々咲いていましたが、個人的には稜線の景色が綺麗で感激しました。

f:id:chocolate-chobi:20181023073047j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073104j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073059j:plain

途中に看板があるので迷わずに歩けます。

f:id:chocolate-chobi:20181023073108j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073137j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073114j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073146j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073143j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073147j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073211j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073206j:plain

 

スタートから1時間でゴロタ岬に到着

f:id:chocolate-chobi:20181023073214j:plain

引き続き稜線を行きます。

f:id:chocolate-chobi:20181023073218j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073227j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073221j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073243j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073255j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073304j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073319j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073333j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073344j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073351j:plain

 

ここでスタートから8時間。ゴールにたどり着けず・・・。

f:id:chocolate-chobi:20181023073450j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073458j:plain

スタートから9時間、やっと桃岩荘に到着しました。

正直なところ結構疲れました。

f:id:chocolate-chobi:20181023073454j:plain

 

向こうに見えるのが桃岩?

f:id:chocolate-chobi:20181023073504j:plain

 

桃岩荘は「愛とロマンの8時間コース」を開拓した宿というだけでなく、一風変わったユースホステルとしても有名です。

まず、宿に到着するとみんなが「おかえりなさい!」と大歓迎してくれます。

宿にはヘルパーとして長期滞在している人が多く、合宿みたいにワイワイしていて楽しいです。

f:id:chocolate-chobi:20181023073513j:plain

夜のミーティングは島の説明から始まり、一緒に歌を歌ったり踊ったり。

f:id:chocolate-chobi:20181023073551j:plain

 

翌朝は「愛とロマンの8時間コース」組が出発するのでみんなで見送りします。

f:id:chocolate-chobi:20181023073601j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073605j:plain

 

その後みんなで元気にお掃除

f:id:chocolate-chobi:20181023073610j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073622j:plain

 

こんな張り紙が・・・。

f:id:chocolate-chobi:20181023073614j:plain

 

帰宅組もいよいよ出発です。

宿のトラックの荷台に乗って港まで送ってもらいます。

f:id:chocolate-chobi:20181023073634j:plain

 

フェリーに乗り込んでからも、熱い見送りをしてくれます。

船が離れてもずっと見送りをしてくれるので、胸にジーンと来るものがあります。

桃岩荘での時間は暖かくて我が家にいるような気持ちになりました。

そんな宿なので毎年桃岩荘に戻ってくる人がいるそうです。

f:id:chocolate-chobi:20181023073638j:plain

 

最後に、稚内スープカリー屋のプチGARAKU。

f:id:chocolate-chobi:20181023073642j:plain

プチGARAKU
〒097-0021 北海道稚内市港1-6-28 稚内副港市場波止場横丁
1,000円(平均)1,000円(ランチ平均)

妙義山リベンジ 石門巡りと中間道コース

前回の妙義山は、鎖場を超える事が出来ず、これっぽっちも登らずにスゴスゴと退散したのでした。

 

翌年の2017年、課題となっていた妙義山を攻略すべく知り合いの方について来てもらい再度挑戦しました。

全ての奇岩は制覇できませんでしたが、有名な第四石門、大砲岩を見れたので大満足です。

 

中ノ獄神社駐車場に車を置き、車道をしばらく歩いた所にある登山口から入りました。

前回は遠くからしか見れなかった第一石門。

大きさに圧倒されます。

 

カニの横ばい、たてばりは必死だったので写真がない。。。

 

つるべさがりを下りきってからの、見上げて撮った写真です。 

左の鎖を使って下りました。

つるべさがりは上から見下ろしたときは怖かったですが、足を置ける場所はあるので下を見ずにゆっくり降りれば高所恐怖症の私でも何とかなりました。

 

その先の第三石門

 

石門広場からの第四石門と大砲岩

 

第四石門の先に進み大砲岩分岐の垂直の壁を登ったものの、天狗の評定までの道を見て心が折れました。

天狗の評定は遠巻きから見るだけに。

胎内くぐり、大砲岩も近づけませんでした。

 

石門広場からは見晴台を経由して中ノ獄神社に降りるのが一般的ですが、今回は引き続き中間道を進み東屋から大人場まで下るルートを歩きました。

大人場までのルートは地図では中級者向けになっていますが、実際は斜面が少しきついというだけで初心者でも問題なく歩ける道でした。

 この後はもちろん妙義ふれあいプラザ妙義温泉 もみじの湯でサッパリして帰りました。

www.tomioka-silk.jp

 

 

674_ext_01_0_L.jpg

富岡市観光HPより

www.tomioka-silk.jp

御嶽神社の宿坊 大正モダンな雰囲気の山香荘と山楽荘

御岳山の周辺には多くの宿坊があります。

江戸時代初期に御岳山の山伏たちが定住して集落をつくり、布教活動と参拝者を案内する宿坊を営むようになったのが起源とのことです。

多くは御嶽神社から分社化した神様を祀っていて、宿の主人は神主さんになります。

気になる宿坊は色々ありますが、今回は日帰り入浴で立ち寄った山香荘と、宿泊で利用した山楽荘の様子を紹介します。

 

民芸の宿 山香荘

山香荘は作家の浅田次郎ゆかりの宿で、浅田次郎のお母さんの実家が山香荘とのことです。

山香荘の入口は神代ケヤキの手前にある日帰り入浴と食事プランの張り紙が目印です。

お蕎麦と入浴のセットで1995円。

日帰り入浴だけだと500円です。

 

緑いっぱいのアプローチ。

館内はレトロな雰囲気です

sankoso.jp

 

 

神乃家 山楽荘

 宿坊が集まる場所から少し離れた日の出山方面に向かう途中にあります。

宿のアプローチは神社のような雰囲気です。

雨模様です。

 看板犬のゆずです。

 

館内にはランプやお面が飾られています。

  

 

 

部屋はシンプルな造りです。

トイレ洗面は共有ですが新しくてきれいでした。 

 

お風呂は綾広の滝から引いた水を沸かしたお湯にヨモギドクダミを入れた薬草風呂です。

ヨモギが2つありますね

 

夕食は食事処で頂きます。

山で取れる食材や自家栽培の野菜を使った「神人の膳」です。

どれも美味しくて大満足でした。

要予約になりますが、食事だけの利用もできるので、宿泊する時間がない時は食事で訪れてもいいなと思います。

刺身こんにゃくは当日朝に作ったとのことでプリプリした歯ごたえ

舞茸の土瓶蒸し

朝から蒸して骨ごと食べられるマスの竹皮蒸し

 

 

朝食は夜と同じ場所で。

朝日が差し込んで気持ち良いです。 

 

御岳山の宿坊では朝のお勤めや滝行が体験できます。

山楽荘でも宿坊体験の案内がありました。

滝行はロックガーデンの綾広の滝か七代の滝で行うようです。

宿坊 神乃家 山楽荘

 

関連記事