花の浮島 礼文島トレッキング 愛とロマンの8時間コースと桃岩荘

2012年北海道礼文島旅行記です。

 「愛とロマンの8時間コース」は礼文島北端のストコン岬から礼文林道までを歩く30kmのコースです。

日本最北の島である礼文島は、低地にいながら高山植物を見れることから”花の浮島”と呼ばれています。

トレッキングでは丘の上の稜線を歩きながら色々な花を見ることができます。

5~8月がおすすめとのことで、私は6月に行きました。

f:id:chocolate-chobi:20190114161725p:plain

Google map

 

礼文島までは、飛行機で稚内まで飛び、そこからフェリーで向かいます。

稚内をプラプラしているとロシア語の看板があり、ここはロシアの近くなんだな~と不思議な気分でした。

f:id:chocolate-chobi:20181023072727j:plain

 

市場で蟹やタラコがお買い得だったので、早々にお土産購入♪

f:id:chocolate-chobi:20181023072655j:plain

 

f:id:chocolate-chobi:20181023072638j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023072650j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072644j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023072659j:plain

 

イクラ丼と焼き帆立でお腹を満たします。

幸せなひと時です。

f:id:chocolate-chobi:20181023072712j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072719j:plain

 

稚内フェリーターミナルから礼文島行きのフェリーに乗り込みます。

稚内から礼文島までは約2時間です。

f:id:chocolate-chobi:20181023072754j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072756j:plain

こちらは1等ラウンジ

f:id:chocolate-chobi:20181023072809j:plain

フェリーはハートランドフェリーを利用しました。

www.heartlandferry.jp

 

途中、遠くに利尻富士が見えました。

昔、家族旅行で行ったな~。

f:id:chocolate-chobi:20181023072813j:plain

 

礼文島に到着したらバスで北端のストコン岬まで移動します。

到着した日は近くの宿に宿泊して、次の日の朝、愛とロマンの8時間コーススタートです!

f:id:chocolate-chobi:20181023072847j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072842j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023072930j:plain

なだらかな稜線を歩いていきます。

花も色々咲いていましたが、個人的には稜線の景色が綺麗で感激しました。

f:id:chocolate-chobi:20181023073047j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073104j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073059j:plain

途中に看板があるので迷わずに歩けます。

f:id:chocolate-chobi:20181023073108j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073137j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073114j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073146j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073143j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073147j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073211j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073206j:plain

 

スタートから1時間でゴロタ岬に到着

f:id:chocolate-chobi:20181023073214j:plain

引き続き稜線を行きます。

f:id:chocolate-chobi:20181023073218j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073227j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073221j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073243j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073255j:plainf:id:chocolate-chobi:20181023073304j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073319j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073333j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073344j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073351j:plain

 

ここでスタートから8時間。ゴールにたどり着けず・・・。

f:id:chocolate-chobi:20181023073450j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073458j:plain

スタートから9時間、やっと桃岩荘に到着しました。

正直なところ結構疲れました。

f:id:chocolate-chobi:20181023073454j:plain

 

向こうに見えるのが桃岩?

f:id:chocolate-chobi:20181023073504j:plain

 

桃岩荘は「愛とロマンの8時間コース」を開拓した宿というだけでなく、一風変わったユースホステルとしても有名です。

まず、宿に到着するとみんなが「おかえりなさい!」と大歓迎してくれます。

宿にはヘルパーとして長期滞在している人が多く、合宿みたいにワイワイしていて楽しいです。

f:id:chocolate-chobi:20181023073513j:plain

夜のミーティングは島の説明から始まり、一緒に歌を歌ったり踊ったり。

f:id:chocolate-chobi:20181023073551j:plain

 

翌朝は「愛とロマンの8時間コース」組が出発するのでみんなで見送りします。

f:id:chocolate-chobi:20181023073601j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073605j:plain

 

その後みんなで元気にお掃除

f:id:chocolate-chobi:20181023073610j:plain

f:id:chocolate-chobi:20181023073622j:plain

 

こんな張り紙が・・・。

f:id:chocolate-chobi:20181023073614j:plain

 

帰宅組もいよいよ出発です。

宿のトラックの荷台に乗って港まで送ってもらいます。

f:id:chocolate-chobi:20181023073634j:plain

 

フェリーに乗り込んでからも、熱い見送りをしてくれます。

船が離れてもずっと見送りをしてくれるので、胸にジーンと来るものがあります。

桃岩荘での時間は暖かくて我が家にいるような気持ちになりました。

そんな宿なので毎年桃岩荘に戻ってくる人がいるそうです。

f:id:chocolate-chobi:20181023073638j:plain

 

最後に、稚内スープカリー屋のプチGARAKU。

f:id:chocolate-chobi:20181023073642j:plain

妙義山リベンジ 石門巡りと中間道コース

前回の妙義山は、鎖場を超える事が出来ず、これっぽっちも登らずにスゴスゴと退散したのでした。

 

翌年の2017年、課題となっていた妙義山を攻略すべく知り合いの方について来てもらい再度挑戦しました。

全ての奇岩は制覇できませんでしたが、有名な第四石門、大砲岩を見れたので大満足です。

 

中ノ獄神社駐車場に車を置き、車道をしばらく歩いた所にある登山口から入りました。

前回は遠くからしか見れなかった第一石門。

大きさに圧倒されます。

 

カニの横ばい、たてばりは必死だったので写真がない。。。

 

つるべさがりを下りきってからの、見上げて撮った写真です。 

左の鎖を使って下りました。

つるべさがりは上から見下ろしたときは怖かったですが、足を置ける場所はあるので下を見ずにゆっくり降りれば高所恐怖症の私でも何とかなりました。

 

その先の第三石門

 

石門広場からの第四石門と大砲岩

 

第四石門の先に進み大砲岩分岐の垂直の壁を登ったものの、天狗の評定までの道を見て心が折れました。

天狗の評定は遠巻きから見るだけに。

胎内くぐり、大砲岩も近づけませんでした。

 

石門広場からは見晴台を経由して中ノ獄神社に降りるのが一般的ですが、今回は引き続き中間道を進み東屋から大人場まで下るルートを歩きました。

大人場までのルートは地図では中級者向けになっていますが、実際は斜面が少しきついというだけで初心者でも問題なく歩ける道でした。

 この後はもちろん妙義ふれあいプラザ妙義温泉 もみじの湯でサッパリして帰りました。

www.tomioka-silk.jp

 

 

674_ext_01_0_L.jpg

富岡市観光HPより

www.tomioka-silk.jp

御嶽神社の宿坊 大正モダンな雰囲気の山香荘と山楽荘

御岳山の周辺には多くの宿坊があります。

江戸時代初期に御岳山の山伏たちが定住して集落をつくり、布教活動と参拝者を案内する宿坊を営むようになったのが起源とのことです。

多くは御嶽神社から分社化した神様を祀っていて、宿の主人は神主さんになります。

気になる宿坊は色々ありますが、今回は日帰り入浴で立ち寄った山香荘と、宿泊で利用した山楽荘の様子を紹介します。

 

民芸の宿 山香荘

山香荘は作家の浅田次郎ゆかりの宿で、浅田次郎のお母さんの実家が山香荘とのことです。

山香荘の入口は神代ケヤキの手前にある日帰り入浴と食事プランの張り紙が目印です。

お蕎麦と入浴のセットで1995円。

日帰り入浴だけだと500円です。

 

緑いっぱいのアプローチ。

館内はレトロな雰囲気です

sankoso.jp

 

 

神乃家 山楽荘

 宿坊が集まる場所から少し離れた日の出山方面に向かう途中にあります。

宿のアプローチは神社のような雰囲気です。

雨模様です。

 看板犬のゆずです。

 

館内にはランプやお面が飾られています。

  

 

 

部屋はシンプルな造りです。

トイレ洗面は共有ですが新しくてきれいでした。 

 

お風呂は綾広の滝から引いた水を沸かしたお湯にヨモギドクダミを入れた薬草風呂です。

ヨモギが2つありますね

 

夕食は食事処で頂きます。

山で取れる食材や自家栽培の野菜を使った「神人の膳」です。

どれも美味しくて大満足でした。

要予約になりますが、食事だけの利用もできるので、宿泊する時間がない時は食事で訪れてもいいなと思います。

刺身こんにゃくは当日朝に作ったとのことでプリプリした歯ごたえ

舞茸の土瓶蒸し

朝から蒸して骨ごと食べられるマスの竹皮蒸し

 

 

朝食は夜と同じ場所で。

朝日が差し込んで気持ち良いです。 

 

御岳山の宿坊では朝のお勤めや滝行が体験できます。

山楽荘でも宿坊体験の案内がありました。

滝行はロックガーデンの綾広の滝か七代の滝で行うようです。

宿坊 神乃家 山楽荘

 

関連記事

 

御岳山ハイキング 日の出山経由つるつる温泉

 御岳山から日の出山山頂を経由してつるつる温泉に降りるコースは人気コースの一つです。

御岳山にはケーブルカーで上がってしまえば、つるつる温泉までの下り中心のコースになります。

逆につるつる温泉方面から登ると、日の出山山頂手前は登り階段が続くのできつそうです。

御岳山から日の出山山頂までは1時間、山頂からつるつる温泉までは2時間です。

 

f:id:chocolate-chobi:20181008165035p:plain

御岳山ビジターセンターHPより

御岳ビジターセンター

 

今回歩いたのは日本山岳耐久レースの前日だったのでコースの目印のリボンがありました。

 

登山道は整備されていて歩きやすいです。

御岳山の出口には鳥居があります。

御岳山にお別れして日の出山山頂に向かいます。

山頂は大きな東屋があります。

連休初日だっので山頂は人が多かったです。

 

日の出山頂からつるつる温泉方面に降りていきます。

看板があるのでわかりやすいです。

この看板が見えたらあと少し。

しばらく下っていくと沢の音が聞こえてきます。

車道に降りると渓流があります。

渓流沿いに行くと大きな道に突き当たります。

左に間違って緩い上り坂を歩きつるつる温泉に到着です。

ネーミングが好きです。

 

帰りはバスで五日市まで20分ぐらい。

運賃は400円です。

青春号はレトロバス仕様です。

 

関連記事

 

御岳山ハイキング ロックガーデンと御嶽神社 奥宮

御岳山にはハイキングコースがいくつかあります。

ロックガーデンは渓流沿いを歩く1周1.5kmの2時間コース。

奥宮は高低差150mの往復2時間コース。

どちらも長尾平入口が分岐点になります。

その日の時間と体力に合わせてコースを決められます。

f:id:chocolate-chobi:20181008165035p:plain

御岳ビジターセンターHPより

御岳ビジターセンター 

 

ロックガーデン

綾広の滝を折り返し地点として渓流沿いをグルっと一周できるコースです。

天狗岩から周る右周りが良いらしいです。

七代の滝を経由するなら長尾平入口にある急坂を下り、経由しない場合は神苑の森方面に少し進むとロックガーデンへの分岐点があります。

私はまだ七代の滝経由で歩いたことがないので機会があれば行きたいです。

 

ロックガーデンは広葉樹の明るい緑と苔が綺麗です。

コースの最奥に綾広の滝があります。

緑と滝に癒されるコースです。

 

 

 御嶽神社奥宮と男具那社(おぐなしゃ)

 奥宮への入口は長尾平入口から神苑の森方面にしばらく進んだ先にある、天狗の腰掛け杉の横の鳥居が目印です。

鳥居をくぐって右に進むと神苑の森、左に進むと奥宮です。

 

 奥宮までの道のりは所々木の根を乗り越える場所もありましたが、危ない場所もなく、歩きやすい道だと思いました。

ロックガーデンとは違い、奥宮への道は杉やヒノキの深い緑の道です。

 

心配していた鎖場は道幅が狭いですが、特別怖い場所ではありませんでした。

鎖場の先にある岩越えは少し慎重になりました。

 

スタートの鳥居から40分ほどで赤いお社にたどり着きました。

ここが奥宮だと勘違いしそうですが、こちらは日本武尊を祀っている男具那社です。 

何も説明書きがないので、知らなければここが奥宮だと思って引き返してしまうと思います。

私もいろいろなブログで予習していなかったら奥宮までたどり着けませんでした。

先達の皆様ありがとうございます。

2007年に修復されたとのことで綺麗です。

 

男具那社の左手にある石碑の脇に、さらに上に進む道があります。

急な登りを行くと開けた場所に出ます。

 

男具那社とは対照的にひっそりと小さな奥宮がありました。

奥宮はロックガーデンや日の出山に比べて人が少ないのでのんびりと休憩できます。

 

関連記事

chocolate-chobi.hatenablog.com

 

 

武蔵御嶽神社 お犬様信仰の山

武蔵御嶽神社青梅市にあるお犬様信仰の神社です。

お犬様といっても犬ではなく日本狼とのことで、三峯神社と同様、盗難除け、魔除けのご利益があるそうです。

御嶽神社山岳信仰の対象となっている御岳山山頂(標高929m)に位置します。

御岳山にはロックガーデン、神苑の森、奥の院、日の出山など登山コースが多くあるので神社参拝とハイキングをセットで楽しめます。

 

御嶽神社まではJR青梅線 御嶽駅からケーブル下駅までバスで移動、滝本駅から御岳山駅までケーブルカーで登り、そこから徒歩20分ぐらいです。

最後の徒歩は急な上り坂なので歩きやすい靴で来た方が良いです。

f:id:chocolate-chobi:20181008122437j:plain

御嶽神社にはワンコ達も多く参拝しているのでいろいろな場所にワンコ専用があります。

ケーブルカーにはペットエリアがありました。

f:id:chocolate-chobi:20181008122502j:plain

御岳山駅売店で焼き団子。

 

大鳥居です。

脇の手水舎にはワンコ専用水場があります。

 

社殿は2016年に漆塗り替え工事が行われたので色鮮やかです。

ここの狛狼はムキムキで逞しい身体つきです。

 

ここに来るたび、いかにかっこいい狛狼の写真を撮るか頑張っていました。

ちょっとヤンキー風

 

東京のマチュピチュと言われている神社からの眺めは高度感があります。

 

玉垣内には本殿があり、他にも大口真神社など多くの神様が祀られています。

こちらは本殿です。

 

本殿の奥の小道を覗くと大口真神社(おおぐちまがみしゃ)から狛狼がこちらを見つめていました。

拡大すると画質のせいでかなり怖い顔…

 

本来はこのようなお顔です。

大口真神

おいぬ様である大口真神を祀っています。

大口真神社の奥には奥宮遥拝所があり、奥宮がある山を望めます。

ここはいつも気持ち良い風が吹いています。

 

常盤樫磐社(ときわかきわしゃ)はもともと御嶽神社の本殿として使用されていたのが、1877年の本殿建て替えによって常盤樫磐社として移築されたとのことです。

ここの狛犬は年期が入っていますね。

 

 

皇御孫命社(すめみまのみことしゃ)の狛犬はどう見ても狛豚(狛猪?)なのですが、なぜ?

 

 

 

玉垣内にペットは入れないので、玉垣入口手前 拝殿横に愛犬が大口真神社を拝むための遥拝所がありました。

 

神社までの道にいたなぞの狛犬

f:id:chocolate-chobi:20181008122537j:plain

 

御岳登山鉄道HPより

御岳登山鉄道

 

musashimitakejinja.jp

 

関連記事

 

 

ブルガリリゾートバリでアフタヌーンティ@バリ

2009年バリ旅行ではバリの超高級リゾートホテル、ブルガリ リゾートバリでアフタヌーンティを頂きました。

宿泊は敷居が高いブルガリですが、アフタヌーンティなら手が届くので少しだけセレブ気分を味わえます。

予約が必要ですが今現在もアフタヌーンティは利用できるみたいです。

 

ホテルのチェックインロビーです。

屋根と柱だけのシンプルな作りなので、ロビーを抜けた先がどうなっているか想像してワクワクしてきます。

f:id:chocolate-chobi:20181007194059j:plain

 

カートに乗りレストランまで案内してもらいます。

レストランの入口です。

f:id:chocolate-chobi:20181007194157j:plain

 

席からの眺めは一面海です。

完璧な水平線で地球は丸いんだなと思いました。

手前にある池(?)と海の一体感も美しいです。

f:id:chocolate-chobi:20181007194215j:plain

奥にはレストラン サンカールがあります。

f:id:chocolate-chobi:20181007194732j:plain

 

私がアフタヌーンティを頂いたのは海側に並んでいる一番手前のソファの席です。

イル・バールというバーでした。

写真はブルガリHPより

 

春巻きやエビのサテが出てきました。

甘いものだけよりしょっぱい料理があった方が味に飽きずに済むので嬉しいです。

f:id:chocolate-chobi:20181007194305j:plainf:id:chocolate-chobi:20181007194322j:plainf:id:chocolate-chobi:20181007195609j:plain

 

時間制限はなく好きなだけ居られるので、夕日が沈むまで眺めていました。

f:id:chocolate-chobi:20181007195655j:plainf:id:chocolate-chobi:20181007195900j:plain

 

www.bulgarihotels.com

 

関連記事

chocolate-chobi.hatenablog.com